花蘭咲 効果

花蘭咲 効果

特許成分「エビネエキス」と10種類の天然植物エキスで優しく発毛!

 

自然栽培される植物エキスのすごい育毛パワー

 

花蘭咲(からんさ)は、宮崎県で自然栽培されるエビネ蘭から抽出されるエビネエキスが配合されている育毛剤です。

 

からんさ,評判

 

男女兼用育毛剤ですが、口コミを見る限りやはり女性の発毛に高い効果があるようです。

 

エビネ蘭から抽出されるエビネエキスは、世界13カ国で特許を取得している成分で、血行促進と抗菌に高い効果を発揮することが期待できます。

 

からんさ,評判

 

血流が無理なく促進されることで毛乳頭から毛母細胞へ確実に栄養分が届けられるようになり、また抗菌作用は頭皮の雑菌が増殖し炎症を起こすことを防ぎますので、抜け毛の原因になるフケや痒みにも効果的です。

 

他にも育毛成分として10種類の天然植物エキスが配合されており、エビネエキスの有効成分とのコンビネーションで頭皮を保湿し、育毛を強力にサポートします。

 

 

 

頭皮のアンチエイジングで発毛!

 

花蘭咲

 「エビネエキス」で優しく血行促進

 40歳以上の方から圧倒的な支持

 「ハリ」「コシ」「ツヤ」に高い評価

 老化の原因物質「活性酸素」の活動を抑制

 

¥7,000 ⇒ ¥2,400(初回限定価格)

 

花蘭咲継続使用の際は「とくとく便」がお得です。

 

 

花蘭咲

 

 

 

 

花蘭咲愛用者には90歳女性も!

女性用育毛剤

 

口コミを見ると、花蘭咲は40歳以上の女性から特に高く評価されているようです。

 

販売元の方から伺ったのですが、愛用者の中にはなんと90歳を過ぎた高齢女性もいらっしゃるようです。

 

エビネエキスによる血行促進効果と抗菌・抗フケ作用、そして10種類の植物エキスによる頭皮の保湿効果と栄養補給が、中高年の女性の頭皮に大変バランスよく作用するようです。

 

花蘭咲は育毛剤特有の嫌な匂いもなく、ほのかな柑橘系の爽やかな香りであるところも好評です。

 

 

『花蘭咲』が評価されている3つのポイント

 

日本薬学会でも発表されたエビネエキスの効果!

 

エビネエキスが摂れるエビネ蘭(海老根蘭)は、日本の山間部や竹やぶなどに自生するラン科の植物です。

 

からんさ,評判

 

中国伝統医学では、エビネエキスは血液の循環を良くするための定番の生薬で、日本でも漢方薬として長年利用されてきた実績があります。

 

育毛効果としては、平成9年の日本薬学会で「発毛・血流促進・抗フケ作用がある新規物質」として発表されたことが始まりです。エビネエキスの育毛に関する効果は昔から知られていましたが、ここにきてやっと医学的にも証明されたわけです。

 

 

バランスがとれた育毛剤!

 

毛髪に覆われた頭皮はいつも高温多湿状態。頭皮の常在菌(アクネ桿菌・ブドウ球菌・マラセチュアなど)や外からやって来る様々な雑菌が簡単に繁殖してしまう環境です。

 

シャンプーの洗浄成分も見逃せません。特に「ラウレス硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」などの石油系シャンプーを使っている方は、常に頭皮の皮脂が足りない状態なのでこれらの菌が繁殖しやすく、フケや痒みそして脱毛の危険がいつもつきまといます。

 

育毛に効果のあるおすすめのアミノ酸シャンプーについては、こちらの記事を参照して下さいね。 女性用育毛剤 育毛シャンプー人気ランキング

 

エビネエキスで「血流促進」「抗炎症」「抗菌」、そして9種類の植物エキスで「栄養補給」と「保湿」を行います。花蘭咲(からんさ)は攻守にバランスのとれた女性向け育毛剤とよべそうです。

 

からんさ

 

 

中高年女性の頭皮に相性の良い育毛剤!

 

いま女性用育毛剤は各社から発売されており、その多くは血行促進を中心にした効能で発毛を促そうとするもの。

 

からんさ,評判

 

確かに血行促進は毛母細胞がどんどん分裂するための栄養供給という意味では絶対に欠かせませんが、前提となるのが頭皮の柔軟性、すなわち水分含有量が適正レベルであるということです。

 

育毛では頭皮、特に角質層の水分量がとても大切になります。

 

このバリアが脆弱で水分量が不足すると毛母細胞の分裂は阻害され、さらに外敵の侵入によって炎症などが起きればヘアサイクルもすぐに乱れてしまいます。

 

花蘭咲(からんさ)はバランスのとれた10種類の植物成分で、弱りがちな中高年女性の頭皮の保湿もしっかり行います。もしも乾燥肌体質でしたら、なおさら花蘭咲(からんさ)の使用をお薦めします。

 

からんさ,評判

 

花蘭咲

 

 

 

 

花蘭咲

 

頭皮の乾燥、大丈夫?

 

隠れ乾燥肌を御存知ですか?

 

表面は脂っぽいので一見すると乾燥肌とは無縁な状態なのに、皮膚の内側はカラカラの乾燥状態!

 

隠れ乾燥肌現象は頭皮にも見られます!

 

原因は様々ですが、石油系洗浄剤が入ったシャンプーを長年使っていたり、体質に合わない育毛剤を我慢して使い続けたり。適切な潤いを保てなくなると頭皮の角質層は崩れてしまい、ヘアサイクルは乱れ抜け毛につながります。

 

花蘭咲は10種類の植物エキスで頭皮をシッカリ保湿します。育毛に好環境の頭皮を作るので、エビネエキスの育毛パワーも一層発揮されやすいようです。

 

からんさ,評判

 

 

『花蘭咲(からんさ)』 商品詳細

特 徴

    花蘭咲

  • エビネエキスによる高い血行促進と抗菌作用で発毛促進
  • 40歳以上の女性から圧倒的な支持
  • 「ハリ」「コシ」「ツヤ」の出やすい育毛剤
  • フェイスの延長である頭皮もアンチエイジング
  • 特価キャンペーン中!

価 格

初回限定 2,400円 送料無料
定期購入 4,800円 送料無料
通常購入 7,000円 送料 525円 ※2本購入で送料無料
内容量 120 mL ※約1〜1.5ヶ月分

 

※ 花蘭咲を実際に使ってみましたが、最初の内はつい多めに付けてしまい3週間で使い切ってしまいました。慣れてくると1本で平均5週間はもつようになりました。

 

返金保証 現在特価キャンペーン中につき返金保証ナシ
成分表示 水、エタノール、エビネ抽出エキス、1.3‐ブチレングリコール、ローズマリーエキス、エイジツエキス、ワレモコウエキス、サンザシエキス、チャエキス、ユズエキス、トウガラシチンキ、センブリエキス、トウキエキス(1)、フェノキシエタノール、トリメチルグリシン、パントテン酸カルシウム、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシン、ビオチン、T‐メントール、クエン酸  女性用育毛剤花蘭咲 成分
効能効果 女性用育毛剤

 

 

花蘭咲

 

 

 

花蘭咲

 

フェイスも頭皮も保湿が大切!

 

スキンケアで保湿が重要であることはみなさん良くご存知ですよね。頭皮も同じ皮膚ですから、やはり保湿が欠かせませんよ。

 

女性用育毛剤

健康な頭皮の皮膚層には約30%の水分が含まれています。普段なかなか確認しづらい頭皮ですが、表面の角質層は身体の他の部位と同じで厚さは約0.02mm、食品包装用の透明ラップと同じ程度の厚さです。

 

角質層の細胞は10〜20層に積み重なって、外部からの水分や異物の侵入を防ぎ、同時に皮膚内部の水分蒸発を防ぐという大切なバリアの役割を担っています。

 

では頭皮の水分含有量が適正レベルとはどの程度なのでしょうか?

 

一般に角質層の水分が20%以上であれば「潤いのある肌」といわれ、10代〜20代の女性であればほとんどの方が15%〜20%の範囲内におさまります。

 

ところが30歳以降、特に40歳を過ぎると多くの方が10%以下になり、フェイスと同じ乾燥肌という分類になります。よく美容師さんが頭皮の健康状態を見る際に頭皮の柔らかさを確認しますが、これはまさに角質層の水分量の程度をチェックしていることなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性用育毛剤 CA101 販売元花蘭咲花蘭咲 成分 女性用育毛剤

 

 

当サイトを訪問頂きありがとうございます。こちらのページでは女性用育毛剤『花蘭咲』の価格、成分、特徴、口コミなどをご紹介しております。『花蘭咲』は特に40歳以降の女性の発毛促進に高い効果を発揮します。中心となる育毛成分である「エビネエキス」が、更年期を迎えられ、体質や体調が大きく変化するタイミングにいらっしゃる女性の血行促進に有効に作用するようです。香りもほのかなフローラル系で、他のお化粧品の香りを邪魔するようなこともありません。女性用育毛剤ランキング 女性用育毛剤人気ランキング

花蘭咲記事一覧

花蘭咲 成分

『花蘭咲』に含まれる成分と期待される効果の一覧です。抗男性ホルモン効果を狙った成分は配合されていませんが、全体的にバランスよく多様な成分がよく考えられ配合されています。特許成分「エビネエキス」に注目!注目は、日本で最も古い医学系学会の一つである『日本薬学会(明治13年〜)』の第117年会で、その高い...

≫続きを読む

 

花蘭咲 発売元 マイケア

花蘭咲の発売元(有)マイケアについてカンタンにご紹介しますね。マイケアは薬用育毛剤の花蘭咲以外にも、乳酸で毛穴汚れを落とす【花しゃん】(← 脂症の方にオススメ)、一時期テレビやラジオで盛り上がっていた歯磨き粉【なたまめ歯みがき】、有名な【ふるさと青汁】などなど、健康関連のニッチで面白い商品をたくさん...

≫続きを読む