花蘭咲 成分

花蘭咲 成分

花蘭咲に含まれる成分と育毛効果

 

『花蘭咲』に含まれる成分と期待される効果の一覧です。抗男性ホルモン効果を狙った成分は配合されていませんが、全体的にバランスよく多様な成分がよく考えられ配合されています。

 

特許成分「エビネエキス」に注目!

注目は、日本で最も古い医学系学会の一つである『日本薬学会(明治13年〜)』の第117年会で、その高い育毛効果について発表されたエビネエキスです。「血行促進」と「抗炎症作用」に優れた成分として臨床例も含めて研究成果が発表されました。現在、北米やヨーロッパなど世界13カ国で特許が取得されています。詳しくはこちらの記事を参照してください。 花蘭咲 エビネエキスについて

 

 

『花蘭咲』の詳細についてはこちらの記事を参照して下さい。 CA101女性用育毛剤 花蘭咲

 

 

成分名

血行促進

頭皮保湿

フケ・痒み抑制(抗菌・殺菌等)

細胞分裂促進(蛋白生成含む)

抗男性ホルモン

皮脂分泌抑制

エビネ抽出エキス

1.3‐ブチレングリコール

ローズマリーエキス

エイジツエキス

ワレモコウエキス

サンザシエキス

チャエキス

ユズエキス

トウガラシチンキ

センブリエキス

トウキエキス

トリメチルグリシン

パントテン酸カルシウム

ニコチン酸アミド

塩酸ピリドキシン

ビオチン

合計ポイント

8

6

7

5

0

1

  • 「フケ・痒み抑制」には、抗菌、殺菌、抗酸化、抗ヒスタミン、抗アレルギーが含まれます。
  • 「細胞分裂促進」には、タンパク質生成、頭皮細胞分裂促進、毛母細胞分裂促進が含まれます。

 

 


 

 

 

エビネエキスについて

 

エビネは生薬として古来から用いられてきました

 

女性用育毛剤ランキング

エビネエキスはラン科エビネ属の多年草であるエビネ(海老根)の球根から抽出されます。エビネ自体は決して珍しい植物ではなく、北は北海道から南は沖縄諸島まで広く各地に自生しています。ですが、ここ最近の園芸ブームもあり個体数は減少傾向にあるようです。日本以外では朝鮮半島の南部、中国の貴州省や江蘇省でも自生が見られます。

 

エビネが生薬として利用されてきた歴史は古く、中国伝統医学においては「九子連還草(きゅうしれんかんそう)」という名で知られ、解毒や血液循環を良くする生薬として活用されてきました。現在、日本の漢方でも血行促進の生薬として用いられています。

 

 

 

エビネエキスの育毛効果は日本薬学会でも発表されました

 

花蘭咲に含まれるエビネエキスは、日本はもちろん北米およびイギリス・フランス・ドイツといったヨーロッパを含めた世界13ヶ国で特許を取得している成分です。育毛における効果としては、毛母細胞に栄養をどんどん供給する血行促進作用と、フケや痒みを抑える抗炎症作用です。これらの内容は、平成9年(1997年)の「日本薬学会(第117年会@町田市)」において、育毛に効果的に作用する成分として発表されています。

 

 

 

加齢にともなう頭皮環境の乱れに花蘭咲

 

女性用育毛剤ランキング

50歳を過ぎた頃から急にフケや痒みに悩まされ、60歳を過ぎた頃からは急に抜け毛が目立ち初める方がいらっしゃいます。フケや痒みといった頭皮の炎症は毛母細胞や毛乳頭へのダメージとなり、そのまま放置しておけば抜け毛の原因になります。

 

フケは誰でも必ず出ます。ただし正常なターンオーバーであれば肉眼では確認できないほどの小ささ(粉状)なので、あきらかにそれと分かる大きさであれば頭皮がトラブルを起こしている証拠です。また痒みも加齢に伴う頭皮の保湿力ダウンにより免疫力が落ち、細菌などが異常繁殖してしまったことなどが原因です。

 

年齢を重ねることによる頭皮環境の悪化にも、エビネエキスが配合された『花蘭咲』は効果的に作用してくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性用育毛剤ランキング 花蘭咲 効果このページの先頭に戻る花蘭咲 発売元 マイケア 女性用育毛剤ランキング

 

 

当サイト『女性用育毛剤比較ランキング|女性の抜け毛対策は年齢で違います』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページは『花蘭咲』に含まれる育毛成分・その他有効成分について、特に「エビネエキス」を中心に解説しております。貴方様の育毛剤選びのお役に立てましたなら幸いです。女性用育毛剤ランキング 女性用育毛剤人気ランキング

花蘭咲 成分関連ページ

花蘭咲 発売元 マイケア
花蘭咲の販売元について説明しますね。販売元は花蘭咲のような育毛剤以外にも、ニッチでちょっと面白い健康関連の商品をたくさん扱っています。扱っている商品を眺めてみると、この会社がどのような思いで製品を開発しているのかよく分かりますよ。